温故知新(旅・花)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ひまわりの丘

<<   作成日時 : 2005/08/10 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
仙台地方、前夜からの雨が止まず、時々激しく降ったりしました。
昼頃にはだいぶ上がってきたのですが、降ったり止んだりしていて
16:00頃にはやっと上がりました。
風は北風?日中温度も26度くらいにしかならず、かなり
涼しく感じました(風が吹いてからよけいかな)。
きょうは、車で仙台郊外を走りましたが、日中なのに車が多かったです。
ま、バスが割と走っていますが、でも確かに車じゃないと、機動力が
ないから、しかたがないのかも。ヤッパ、ローカルは車無しでは不便です。

東北は夏が短い?ですね。
夏と言えば花はやっぱり「向日葵」でしょ!
宮城県志田郡三本木町斉田には、 「ひまわりの丘」 と言う場所があります。
春は菜の花、夏はひまわりの花が咲き乱れ「ひまわりの丘」は、
昭和62年より本格的に栽培が始まり「ひまわり祭」を実施するようになった。
6ヘクタールの畑に、42万本のひまわりの花が咲いていました。
この、広さは、北海道の北龍町に次いで日本二番目だと!!

では、北海道雨竜郡北竜町とは?
「ひまわりの里」の住所は、北海道雨竜郡北竜町字板谷143番地の2
面積:18.7ha
本数:100万本  か!
それにしても、凄そうですね、いつかキット行って見たいなんてネ。
きっかけは?
昭和54年7月ヨーロッパ視察研修に参加した農協職員が、旧ユーゴスラビアの
ベルグラード空港の周辺一面に広がるひまわり畑の美しさに驚き、着陸する様は、
あたかも黄色いひまわりに舞い降りる蝶々のような感動を覚えた。
栽培理由を尋ねると全部食用油で、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞などを予防する
リノール酸やビタミンEそして必須アミノ酸や鉄、カルシウム、リン、カリウムと言ったミネラルが
豊富に含み、食事の欧米化に伴い良質の植物油を摂取することが大事なことを教わった。
 その頃農協女性部では、自給自足により「家族の健康を守る運動」として食生活の
改善に取り組んでいました。
そこで自家消費の食用油をひまわり油に替え、家の周りにひまわりを植えることにより
環境美化にもつながる事もあり、「一戸一アール運動」を取り組む事にしました。
 ひまわり栽培は全くの素人でしたが、ホクレンと農業試験場の指導を受け
昭和55年農協女性部422戸により4.2ヘクタールのひまわりが作付けされました。
農協では、ひまわり搾油機を導入して農家にひまわり油と堆肥としてカスを還元しました。
まあ、町おこしから始まったのですね。









 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひまわりの丘 温故知新(旅・花)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる