温故知新(旅・花)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 名残惜しやと”ソメイヨシノ”江戸名所を歩いて来た

<<   作成日時 : 2017/04/09 00:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

きょう4月8日は、朝から雨降り天気、昨日は午前中雨&強風で満開を迎えた”ソメイヨシノ”は
悲鳴をあげてその花びらを散らせ出しました。

きょうのお江戸花紀行は、
両国駅ー浅草・隅田公園ー山谷堀公園ー吉原公園ー三ノ輪=(都電)=王子・飛鳥山公園。
と、花のお江戸でのサクラの名所探訪でした。

天気悪し⇒
画像

隅田公園からスカイツリーを見てみたら、アカン〜〜下のほうしか見えていないよ〜〜。
でもまさに”春爛漫”


すみだ北斎美術館にて01⇒
画像

まだ新しい美術館ですね。

すみだ北斎美術館にて02⇒
画像

展示品

すみだ北斎美術館にて03⇒
画像

これですよ、観たかったねえ〜。

すみだ北斎美術館にて04⇒
画像

あとは、これだね。観れて良かったなあ。

すみだ北斎美術館にて05⇒
画像

超リアルな感じです。よ〜〜く見ていると・・・・・動きますよ〜〜。
北斎、84歳の時の再現なのだとか。人生、どこまで行けるのやらと・・・・・じっと手を見て・・・ふと思います。

すみだ北斎美術館を出て、今回は”東駒形”、”吾妻橋2”から、隅田公園に向かいます。
見上げてごらん⇒
画像


勝海舟像⇒
画像

雨はあがったんだけど、空の色が灰色では、花の色が引き立たないねえ〜〜。

向島側隅田公園にて01⇒
画像

きょうは、向島側隅田公園から浅草方面を見ています。

向島側隅田公園にて02⇒
画像


向島側隅田公園にて03⇒
画像


向島側隅田公園にて04⇒
画像

花は満開ですな〜〜。

向島側隅田公園にて05⇒
画像

黄色+うすいピンク色(もう白色?)+灰色の空〜〜〜アカンねえ〜〜。

向島側隅田公園にて06⇒
画像

花より団子って〜〜ねえ。

桜橋から⇒
画像

向かって左側:向島側隅田公園、向かって右:浅草側隅田公園。

浅草側隅田公園にて01⇒
画像

スカイツリーの上の方は見えていなし・・・・霧の中〜〜。

浅草側隅田公園にて02⇒
画像

シダレサクラは終息していました。

浅草側隅田公園にて03⇒
画像

こちら側も花より団子かと、宴会の方々でえ〜ね〜花見の宴会。

浅草側隅田公園にて04⇒
画像

何度スカイツリーを眺めても、上はスッポリと雲の中〜〜。

浅草側隅田公園にて05⇒
画像

それでもしつこく、狙っていましたね。

山谷堀公園へ⇒
画像


山谷堀公園にて01⇒
画像

雨で?風で?かなり花びらが散っていた。

山谷堀公園にて02⇒
画像


山谷堀公園にて03⇒
画像

満開を過ぎていた、こちらでも結構宴会していたね〜。

見返り柳1⇒
画像


吉原大門⇒
画像

きょうはこの先には立ち入らず、少しもどってみたら。

純お風呂屋⇒
画像

銭湯があったねえ〜、ここまで晴れて暑かったら入浴しようと思っていましたが、
雨が上がったといえ少し寒ったので今回はパスでした。

吉原公園にて1⇒
画像

説明板あり。

吉原公園にて2⇒
画像

サクラは満開でしたねえ〜〜。

吉原公園にて3⇒
画像

吉原公園は、大籬”大文字楼”跡地が公園になっているのだそうです。
大籬って、江戸吉原の遊里で、最も格の高い遊女屋。寛政(1789〜1801)以後
店先の構造で遊女屋の格を表す規定があり、籬の高さが天井まで達するものを大籬、
その二分の一あるいは四分の三のものを半籬はんまがきといったんだとか。

吉原公園にて4⇒
画像

階段をおりて道へ。〜かつてはここは”おはぐろどぶ”だったかな。

南千住へ⇒
画像

こちらのお寺は”浄閑寺”。
江戸時代、吉原に近いここ浄閑寺は別名を「投げ込み寺」といわれているのだそうで。
・山門脇に顔が磨り減った黒ずんだお地蔵様が置かれています。お地蔵様の名は小夜衣(さよぎぬ)と
 言います。そしてこの小夜衣さんは吉原の遊女で、遊郭の主人に放火の罪をかぶせられ 
 火炙りにされ亡くなったと伝わっています。

慰霊碑⇒
画像

お寺の裏手の墓地に”新吉原総霊塔”。
この塔は遊女たちの霊を慰めるために建てられたものなのだそうです。
その数、二万五千人もの遊女が葬られているのだとかです。

三ノ輪橋へ向かっていたら、いつもの道から1本入ってあるいていたら、いつの間にか浄閑寺前に
出てしまいました。
さては、今回吉原公園で(旧大籬”大文字楼”跡地)で、花見して休憩していたからか???
導かれて新吉原総霊塔へ行ってしまったかな????
ふと、二万五千人もの遊女が葬られていたら、4月8日が命日の方々って何人いたのでしょうかね?
その菩提をともらうためにかな?合掌してきました。

三ノ輪橋へ⇒
画像

王子へ移動。

飛鳥山公園にて01⇒
画像


飛鳥山公園にて02⇒
画像

なんとまあ・・・・、雨は上がったからか、はたまた土曜日でか!
飛鳥山公園全山?宴会の方々で埋め尽くされていました〜〜〜〜。

飛鳥山公園にて03⇒
画像

勿論花は満開で、チョットの風で花びらが舞い散りはじめていました。

飛鳥山公園にて04⇒
画像

歩けど、通路以外は宴会の方々で空いたスペースはほとんで無かったねえ〜〜。
凄いねえ〜〜。
さすがやな〜、この地を桜の名所に仕立て上げた、八代将軍徳川吉宗公。約300年前、
吉宗公が享保の改革の施策のひとつとして、江戸っ子たちの行楽の地とするため、
飛鳥山を桜の名所にした。
こうして江戸の新しいお花見の名所として誕生した飛鳥山は、当時、桜の名所地では禁止されていた
「酒宴」や「仮装」が容認されていたため、江戸っ子たちは様々な趣向を凝らして楽しんだって伝統か!!!

飛鳥山公園にて05⇒
画像


飛鳥山公園にて06⇒
画像

花より団子もさることながら、”踊らにゃソンそん・・・・”ってね〜〜。
日本のお花見、イロイロな楽しみがあるねえ〜〜。

ちょいと自戒

「春はなほ我にてしりぬ花ざかり心のどけき人はあらじな」(拾遺43)・・・・・・・壬生忠岑

自分の人生的には、”花盛りの時”は過ぎているんですけどね〜、そうそう浮かれないように生きてゆかねばと。
じ〜〜と、手元を見てしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
温さん

関東各地のお花見を楽しみに見せて頂きましたが、
もう散っているのですね。一番早い開花宣言でしたから
また、散るのも早くて残念ですね。
こちらは7部〜満開までの咲き具合ですが、連日悪天候
なので、なかなか青空とさくらとは、望めません。
風の色
2017/04/09 02:25
風の色さん
お越しありがとうございます。関東は朝から花散らしの雨が降っています。
数日続くでしょうか?これで今年の”ソメイヨシノ”は完全に散りそうです。
でもこれからは、八重桜の出番が控えていますので、重厚で華やかな花も
楽しみです。


2017/04/09 10:46
温様
こんにちは
この週末、関東はあいにくのになってしまいましたね
温様は桜めぐりをされたのですね
千葉からもわりと近く
こんなに素敵な名所があるのかと
ゆの
2017/04/09 17:12
ゆのさん
お越しありがとうございます。
きょうも生憎朝から雨降りでした、この花散らしの雨で関東地方の
ソメイヨシノは大半が葉桜になってしまいそうです。これからは、八重桜の開花に期待しています。それにしても、天候不順が長く続きますね〜〜、残念です。

2017/04/09 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
名残惜しやと”ソメイヨシノ”江戸名所を歩いて来た 温故知新(旅・花)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる