温故知新(旅・花)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新緑登山・ヤビツ峠から塔ノ岳に登ってみた

<<   作成日時 : 2017/05/09 11:30   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8

GWと言う、もともと映画会社が名づけた休みが続く5月の連休も7日で終わったので、
2017年5月8日(月)、少しは混雑が収まったかもと”新緑登山・ヤビツ峠から塔ノ岳に登ってみた”。
今回の行程は、
・秦野駅=ヤビツ峠ー三ノ塔ー塔ノ岳ー大倉尾根ー大倉=渋沢駅 でした。
目的は、1.新緑登山で塔ノ岳山頂付近のシロヤシオ・トウゴクミツバを見る、
      2.三ノ塔から富士山と大倉尾根・塔ノ岳を見る
でした。

・三ノ塔から富士山と大倉尾根・塔ノ岳⇒
画像

右側の目の前にそびえる”行者岳”から”塔ノ岳”に延びる稜線。そして”塔ノ岳”から左に延びる”大倉尾根”。
そして、その奥に見えている”富士山”。
この表尾根の全容を眺めて、この稜線歩きをしたかったのです。

7時30分に小田急線”秦野駅”について、8時18分発の”ヤビツ峠行き”バス停に行ったら、
何と・なんと既に、30名ほどの登山客が並んでいました(あら〜GW明けの月曜日)。
バス発車直前には50〜60名位の行列になっていました。
あら〜乗れない・・・・・乗車しても座れない(約50分乗車します)・・・・トホホです。
所が、あら〜〜ラッキー小生の前に並んだ方々が乗車したら臨時バスだ出るんだって!!
なので、2台目に座って乗車できました。

・ヤビツ峠⇒
画像

約60名が降りました。
大体、60%が大山、40%が塔ノ岳かなって感じにみえました。
ここのトイレですが、紙が無い、そして何と水が出ない!!・・・って、大も小も流れない!!!!って事だね。
9:20にここから出発。
しばらく舗装道路歩きです。

・富士見橋⇒
画像

橋を渡って左側にトイレがあります。ここを左折ですね。時間は 9:33 です。

登山入口かな⇒
画像

舗道を少し歩いて

登山入口⇒
画像

皆さん、歩くの早くてドンドン追い抜かれてしまいます。

犬連れに⇒
画像

あら〜、小型犬にも抜かれた!!!
(下山時にも大倉尾根で又、抜かれたんだけどね)

少し登って振り返り⇒
画像

咲いている桜の花の先には「大山」が見えています。

ミツバツツジ⇒
画像


ヤマザクラも⇒
画像


そして足元には1⇒
画像

可憐やな〜”イワザクラ”が咲いていました。いや〜”サクラ”三昧の?日々やなあ。
これも、サクラソウ科 サクラソウ属だから、これからの時期各地の山で同じような”サクラソウ科”の花に
出会えますねえ。

そして足元には2⇒
画像

実はこの他にも多くの山野草に出会えたのですが、今回は写す余裕がなかったなあ〜。

二ノ塔⇒
画像

時間は、 10:30 です。 富士見橋から57分。まあONTIMEですね。

二ノ塔付近からの景色1⇒
画像

サクラと富士山

二ノ塔付近からの景色2⇒
画像

三ノ塔へ向かっているのですが、左側はこのように”サクラ”と”富士山”コラボです。

二ノ塔付近からの景色3⇒
画像

まだまだサクラと富士山の光景が続きますなあ。

二ノ塔付近からの景色4⇒
画像


二ノ塔付近からの景色5⇒
画像


三ノ塔下では⇒
画像

サクラですね〜〜、良いですね〜〜。
まあ、黄沙で若干青空が薄くなっていますが、青空とサクラは合いますねえ。

三ノ塔⇒
画像

到着。 時間は 10:53 です。
さあ、ここからは今回目標だった”丹沢表尾根”が見られるのです。

三ノ塔にて1⇒
画像

これです、この風景を見にきたのです。

三ノ塔にて2⇒
画像

富士山が綺麗です。 まあ少しの残念は、黄沙のせいで少し色が薄い感じなんですなあ。

三ノ塔にて3⇒
画像

さあ塔ノ岳に向かいましょう!まずは見えている”鳥尾山”に向かいます。
いったん下って、登り返しやなあ。

下って⇒
画像

アセビが咲き出していた。

登りです⇒
画像


烏尾山⇒
画像

時間は 11:25 です。

烏尾山にて1⇒
画像

振り返ると”三ノ塔”が見えています。

烏尾山にて2⇒
画像

富士山が見えている。

烏尾山にて3⇒
画像

先の景色はこうで、岩山ぽい箇所を越えてゆきます。

途中の景色⇒
画像

アセビと富士山

先は⇒
画像

サクラのトンネルやなあ。

行者岳⇒
画像

時間は 11:55 です。 まあ昭文社地図のオンタイムです。
この先、一気に下降でクサリ場が出現します。
下った先が見えています⇒
画像

下ったら新大日に登り返しです。

下って途中に⇒
画像

下って振り返りです。オジサン2名が下ってきました(この後すぐに追い越された)。

こんどは登りやあ⇒
画像

まあ階段やなあ。

まだ先は登りやあ⇒
画像

尾根歩きですね。

新大日⇒
画像

時間は 12:37 です。まだ塔ノ岳は先です。

木の又小屋⇒
画像

休みのようで、開いていません。

しばし尾根歩き⇒
画像

どんどん抜かれてしまいます。

最後の登りです⇒
画像


塔ノ岳⇒
画像

下からも見えていた小屋に到着。

塔ノ岳に登頂⇒
画像

塔ノ岳に登頂です、時間は 13:28 です。
富士見橋(9:33)から所要時間は、 約4時間でした。さあ休憩お昼だあ。

塔ノ岳にて1⇒
画像

塔ノ岳山頂からの景色。

塔ノ岳にて2⇒
画像

富士山が綺麗に見えて良かったなあ〜〜〜。

塔ノ岳にて3⇒
画像

振り返りで、三ノ塔が見えています。

塔ノ岳にて4⇒
画像

あら〜海はかすんで見え無いねえ。

さてでは今回登山のメイン目的は?
丹沢山方面に5分ほど下ります。早速行って見ましょう!!!

こうなっていた⇒
画像

え〜〜〜!!シロヤシオ・トウゴクミツバは・・・・・・・・・、まだ蕾さえ出ていなし!!!!!!!
トホホでした。
今回の目標達成は、50%だね。

だったらもうトットト下山ですなあ〜〜〜。
山頂に再び登り返し、下山開始(14:02)です。

花立山荘1⇒
画像

あら開いていません。 時間は 14:32です。

花立山荘2⇒
画像

ここからしばしの、階段を下ります。

見晴茶屋⇒
画像

開いていません。 時間は 16:11です。

登山口⇒
画像

大倉尾根 NO,0です。時間は 17:00 です。終了で〜〜す。
塔ノ岳(14:02)からの所有時間は、約3時間。
富士見橋(9:33)から所要時間は、 約7時間30分でした。
大倉バス停へ向かい、 17:22発の渋沢駅行きに乗車して帰宅です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。富士山が綺麗に見えて山行日和ですね!一回、歩いてみたいルートで興味深く拝見しましたが、思った以上に怖いかも。高いところ苦手でして。
achisi
2017/05/09 20:39
こんにちは

マイペースでの山登り
快適な五月ですね
シロヤシオはちょっと
速かったかな
無門
2017/05/10 10:34
achisiさん
お越しありがとうございます。
久々のロング?山行で疲れました。
しかし、富士山とサクラの光景や丹沢尾根コースを見て歩いて
良かったです。いろいろ見とれてゆっくり出来た山行でした。

2017/05/11 16:36
無門さん
お越しありがとうございます。
今回は目指した”シロヤシオ・トウゴクミツバ”に出会えなくて残念でしたが、
その分、沢山のサクラに出会えて嬉しかったです。

2017/05/11 16:39
温様
こんにちは
GWの由来ってそうだったのですか!?
最近言われるシルバーウィークも、もしかして
登り、下り、すごい傾斜!!!!
神奈中バス、がとても懐かしいです
ゆの
2017/05/11 18:28
温さん  こんばんは。

青空と桜、青空と富士山。
素晴らしい登山が出来ましたね。
鎖場、階段の急登、怖いけど
あ〜登りたいなと思いつつ拝見しました。
風の色
2017/05/11 21:59
ゆのさん
お越しありがとうございます。
登ったら、登ったなりの美しい風景や途中の花々に癒されました。
新緑ならではのこの時期、登山で癒されます。

2017/05/11 22:36
風の色さん
お越しありがとうございます。
気温が少し暑かったのですが、天候に恵まれた良い山行でした。
多くの花々に癒されましたが、ただ”黄砂”の飛来は予定外でした。

2017/05/11 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
新緑登山・ヤビツ峠から塔ノ岳に登ってみた 温故知新(旅・花)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる