温故知新(旅・花)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「海辺の生と死」と「STAR SAND 星砂物語」を観た

<<   作成日時 : 2017/08/08 00:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は日本列島に台風5号が接近・上陸のニュースが流れる中、
映画「海辺の生と死」と「STAR SAND 星砂物語」を観てきました。
まず、11:50上映の「海辺の生と死」を観に、新宿テアトルに出かけました。

新宿テアトル⇒
画像

映画館はこのビルのB1なんです。

海辺の生と死⇒
画像



海辺の生と死2⇒
画像


海辺の生と死3⇒
画像

監督:越川道夫
主演:満島ひかり
ストーリは昨日のアップ分の通りです。

110分のこの映画、第2次世界大戦末期の奄美群島・加計呂麻島(かけろまじま)。実にゆったりとした時間でながれる映画で、しかも使用される歌や村人の言葉は、方言の奄美語?奄美弁?
それが又、中々有効なんです。
戦争映画にありがちな、ザワザワ感は一切なくて、実にたんたんとストーリーが展開されます。

感想としては、主演:満島ひかりさんの、一人芝居のような感じの展開になっていました。
勿論そこには、父や朔中尉や大坪がからんでいるのですが、満島ひかりさんの展開の映画でした。
平日の月曜日ながら、会場は約8割くらいの入りでした。
中々のご盛況でおめでとうございます。



そして、新宿から渋谷に山の手線で移動です。
16:10上映のSTAR SAND 星砂物語「」を観に、渋谷ユーロライブに移動です。

渋谷1⇒
画像

相変わらずの混雑です。

渋谷2⇒
画像

ハチ公前で待ち合わせ?まあ待ち合わせスポットですから多くの方が来ていますね。

渋谷3⇒
画像

あら〜〜きょうのハチ公の足元に「ネコ」が座っていましたなあ〜〜。
イヌ&ネコの共演になっていました。勿論、この横では観光客の方々が入れ替わりで記念写真とっています。

渋谷4⇒
画像

さて、スクランブル交差点に突入です。

渋谷5⇒
画像

黒い雲がだいぶ、分厚く接近中です。

渋谷6⇒
画像


皆さんぶつからないで、上手に人を交しながら歩いていますねえ〜〜。

ユーロライブにて1⇒
画像

こちらが「STAR SAND 星砂物語」の上映館です。

ユーロライブにて2⇒
画像

こちらが2階にあります。

STAR SAND 星砂物語1⇒
画像

ストーリーは昨日のアップ分の通りです。
監督:ロジャー・パルバース
主演:織田梨沙
    満島真之介

1945年の沖縄。戦禍から遠く離れた小さな島の洞窟にての展開。


STAR SAND 星砂物語2⇒
画像


STAR SAND 星砂物語3⇒
画像

こちらは、満島真之介さんですね、満島ひかりさんの弟じゃないですか。

あら〜、同じ頃・同じような場所の設定で、それぞれに兄弟で出演ですか。

監督⇒
画像

ロジャー・パルバースさん

サインを貰った⇒
画像

・ロジャー・パルバース(Roger Pulvers, 1944年 - )は、米国出身のオーストラリアの作家、
翻訳家、劇作家、演出家。東京工業大学名誉教授。
どおりで、日本語が流暢なんですね。

こちらの映画の集客は、会場の約1割位の入りになっていました。

兄弟対決?は、姉の満島ひかりさんの勝ちでしたね。

きょうは1日で2本の映画を観て廻りました。
両映画とも戦争映画にありがちな、騒々しさは無くて落ち着いて観られました。
世界に誇れる「平和憲法」に感謝しつつ、この先の平和が続きます事を祈ります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

A級戦犯のお爺ちゃんの悲願
憲法を変えて
戦争できる国にしようと
孫のお坊ちゃまが執念
国民が阻止できるでしょうか
今後にかかっていますね
戦争で利益を受けるのは
政治家とその周りの妖怪だけ
庶民は誰一人良くなりませんね
無門
2017/08/09 16:57
無門さん
お越しありがとうございます。
世界に誇れる日本の「平和憲法」を、勝手に?ほおむる事って、許されない事ですよね。一体だれがそのようなことを望んだのでしょうか?
現行の憲法は維持して欲しいと望みます。

2017/08/09 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「海辺の生と死」と「STAR SAND 星砂物語」を観た 温故知新(旅・花)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる