温故知新(旅・花)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都紅葉紀行(11/23〜11/26)26日編

<<   作成日時 : 2017/12/03 20:56   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6

京都紅葉紀行(11/23〜11/26)26日編です。
26日:浄住寺ー地蔵院ー渡月橋ー常寂光寺ー祇王寺ー京都駅(新幹線)で帰宅
浄住寺へは、阪急「四条河原町」から乗車して「上桂駅」下車で、歩いてゆきました。

浄住寺01⇒
画像

8時45分に到着です。
もう先行者が来ていました。9時からのようです。

浄住寺02⇒
画像


浄住寺03⇒
画像


浄住寺04⇒
画像

中々、紅葉が良いですねえ。

浄住寺05⇒
画像

・810年に慈覚大師円仁を開山として創建された。
1261年に葉室定嗣が中興し、以後大納言を極官とする葉室家の菩提寺なる。(山号はここから)
1687年に黄檗宗の寺院として再興された。

浄住寺06⇒
画像

方丈にて。

浄住寺07⇒
画像


浄住寺08⇒
画像

珍しい竹「亀甲竹」

浄住寺09⇒
画像

こちらは、四角の竹。

次に近くの「地蔵院」へ

地蔵院01⇒
画像


地蔵院02⇒
画像

こちらの紅葉も中々見事です。こちらは「竹の寺」なんですが、紅葉も良いねえ。

地蔵院03⇒0
画像


地蔵院04⇒
画像


地蔵院05⇒
画像


地蔵院06⇒
画像


阪急嵐山駅⇒
画像


渡月橋⇒
画像


嵐山公園1⇒
画像


竹林⇒
画像


巨椋池⇒
画像


常寂光寺01⇒
画像


常寂光寺02⇒
画像


常寂光寺03⇒
画像


常寂光寺04⇒
画像


常寂光寺05⇒
画像


常寂光寺06⇒
画像


常寂光寺07⇒
画像


常寂光寺08⇒
画像


常寂光寺09⇒
画像

綺麗ですねえ。いや〜良かったなあ。

二尊院1⇒
画像


二尊院2⇒
画像

すみません、門から中の様子を映してパスしてしまいました。

では今回の本命?の「祇王寺」
祇王寺01⇒
画像

素晴らしいです、いや〜良かった、素晴らしい紅葉に感動です。

祇王寺02⇒
画像


祇王寺03⇒
画像

ただただ感動です。

祇王寺04⇒
画像

どこから見ても感動です。

祇王寺05⇒
画像

いや〜最高ですね。

祇王寺06⇒
画像

何気ない風景、落ち着いた感じが良いですねえ。(この画像1枚のために、どれだけチャンスを待ったかな)

祇王寺07⇒
画像

・草庵の控えの間にある大きな窓を吉野窓といい、影が虹の色に見えることから「虹の窓」とも称しています。

合掌⇒
画像

人出もピークでした。
正面向かって左の宝筐印塔が祇王、祇女、刀自の墓。右の五輪塔は清盛公の供養塔で、いずれも鎌倉時代に作られたものです。
しばし、こちらで静かな時間を過ごしました。

これにて今回の「京都紅葉紀行」終了です。
いや〜紅葉はどこへ行っても素晴らしかったです、どこに行ってもまさにピークだったかな。
天気にも何とか恵まれて、素晴らしい「京都紅葉紀行」になりました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
これらの写真で感動されたことが良く分かりました。
私もですが地元の方でも、これだけの量を纏めて観賞する事はまず無いです。
昨年〇〇だったから、今年は□□へ、が普通ですから。
精力的に回られたレポを拝見して、堪能しました。
アルクノ
2017/12/04 13:21
アルクノさん
お越しありがとうございます。
今回は充実した、紅葉紀行だったと思います。
久々、どこへ行っても見事な紅葉に出会えたので良かったです。


2017/12/05 22:23
京都の紅葉、素晴らしいですね。私が京都に行けたのは夏、それも所用で真夏ばかりでした。
京都は夏の強烈な暑さばかりが印象に残っているのですが、その強烈な夏の暑さが、この様な素晴らしい色彩の元になっているのでしようね。

京都の友人からは、毎年、紅葉の時期にと誘われているのですが、今年も、健康上の問題が発した事も手伝って、紅葉見物は叶いませんでした。

本当なら、今の仕事をたたんで、行って見たかった処への小旅行でもしたいところなのですが、とても仕事を辞められる状況ではないので、続けられるだけ続けるしかないですね。

素晴らしい京都の紅葉の御紹介ありがとうございました。



kazukun
2017/12/10 11:39
kazukunさん
お越しありがとうございます。
今回の4日間の京都の紅葉見物は久々の充実した旅行でした。
何より天気に恵まれた事と紅葉が丁度いい感じでした。
健康上の理由とは何かと大変ですねまず健康体が一番大事ですね、お体ご自愛下さい。

2017/12/10 16:31
温様
こんにちは
京都というといつも嵐山、嵯峨野を選んで行っていました
サスペンスの舞台でも多々登場
なかでも祇王子は大好きな場所です
秋の紅葉ももちろん、緑の苔むす祇王寺もまた格別ですね
ゆの
2017/12/10 17:32
ゆのさん
お越しありがとうございます。
あら、ゆのさんも「祇王寺」がお好きですか!紅葉の時期が一番好きなんですが、
桜の時期にもこちらに出かけて、あまり人が来ない室内でぼ〜としていたりしますよ。

2017/12/10 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都紅葉紀行(11/23〜11/26)26日編 温故知新(旅・花)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる