4月16日新宿にて・等身大のゴジラに遭遇した

久々の晴天に恵まれた、4月16日(木)チョイと新宿へ。
新宿区の歌舞伎町も様変わりしてきていました。

頭が→
画像

ビルのうえから頭をのぞかせています。

歌舞伎町方面を見る→
画像

新しいビルが出来ていました。

近づくと→
画像


もう少し寄ってみて→
画像

ビルの上には「ゴジラ」の頭が見えてします。
この高さは映画設定の等身大だそうです。
映画「ゴジラ」の第一作の頃にはあまり高層ビルが無かったので周りからも良く見えて事でしょうが
現代では高層ビルが多すぎてビル群の中に埋もれてしまいそうです。

これだ→
画像


下から見上げます→
画像

手も見えていますが、右側のビルの高さから比べゴジラの低さが目に付きます。
今では都内をゴジラが歩いても多くのビルから見下げられてしまうのですなあ。

新宿区って?
・新宿区は、東京市四谷区・牛込区、豊多摩郡内藤新宿町・淀橋町・大久保町・戸塚町・
 落合町(5町はいずれも東京市に編入され、内藤新宿町は四谷区域、他の4町は淀橋区となる)を
 前身とする自治体で、1947年(昭和22年)3月15日に発足。
以前花見に出かけた「高遠城」の藩主の内藤家の江戸下屋敷があり、江戸時代の宿場である内藤新宿町
になっていたその面影は。


内藤新宿大宗寺→
画像

新宿には内藤新宿大宗寺があり、内藤家の菩提寺なんですね。

その説明板→
画像

奥の墓地には信州高遠藩主内藤家のお墓があるとの事です。

内藤家説明→
画像

内藤正勝(内藤家墓所)との説明。

お地蔵様1→
画像

お座りになっているお地蔵様

お地蔵様2→
画像

かなり立派なお地蔵様ですね、江戸の六地蔵のひとつだそうです。
現在まで現存しているのですね。
・江戸六地蔵は、宝永から享保年間にかけて江戸市中の6箇所に造立された銅造地蔵菩薩坐像。
 第1番 品川寺
 第2番 東禅寺
 第3番 太宗寺
 第4番 真性寺
 第5番 霊巌寺
 第6番 永代寺
 
閻魔堂→
画像


説明板1→
画像

閻魔様の説明
説明板2→
画像

奪衣婆象の説明

閻魔様→
画像

1814年に安置されたのだそうです。

新宿で思わぬ出会い「ゴジラ」とお地蔵様・閻魔様に出会えたの、新宿ミニ散策でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック