映画・「圧殺の海~沖縄・辺野古」を観た

きょうは、東中野のポレポレ東中野に出かけました。
映画・「圧殺の海~沖縄・辺野古」を観るためです。
こちらは5月1日~22日(金) 16時20分からの 1日1度の上映です。

本土ではあまり「~沖縄・辺野古~」の基地反対運動?抗議?の様子は殆ど報道されていないので
ドキュメンタリー映画でしか、その現状を知りえないのですねえ。
まあ、それも何だかなあ~~~~ですね。

こちら→
画像

辺野古では戦争体験者が新しい基地はいらない。 世界有数の海の自然の破壊に反対する方々の様子を
丁寧にそしてシリアスに描かれています。
監督 : 藤本幸久 影山あさ子

映画より01→
画像

反対運動に必死に体を張って反対を叫び続けているのです。

映画より02→
画像

地上では、抗議に割ってはいるのは「沖縄県警」。

映画より03→
画像

海では「海上保安庁」が抗議行動を実力で阻止しているようです。

映画より04→
画像

海岸からも抗議行動が続きます。

監督談話→
画像

(  http://www.qab.co.jp/news/2014102459450.html  )

何だか随分と、考えさせられる 映画でした。
名護市辺野古で抗議の声を上げ続ける住民たちの姿を記録した映画「圧殺の海」を観て改めて
このような抗議行動が毎日 辺野古では繰り広げられていることを知っておきたいものです。

この現実も本土では「隠蔽」されているにかな?
それも何だかなあ~~~~~~~~~~~~ですね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック