入笠山スノートレッキング

年末になって来て少し気温が下がってきましたなあ。
2015年12月26日~27日に自分としては今年の「忘年山行」のつもりでツアーに参加しました。
トラベルギャラリー社の「のんびり入笠山スノーシュ三昧とホワイトクリスマス&満天の星空」と言う
長い名称についたツアーでした。
それにしても今年は暖冬?暖かい日が続き雪が有るのか心配したツアーでした。
今回行程は
12月26日:新宿ー富士見パラマントスキー場ー(ゴンドラ)-入笠湿原ーマナスル山荘(泊)=入笠山
12月27日:山荘=講座岩ー入笠山湿原ー(ゴンドラ)-富士見パラマントスキー場ー新宿

入笠山にて→
画像

入笠山の山頂にはあまり雪が残っていませんね~~。

車の車窓から1→
画像

鳳凰三山と甲斐駒ケ岳が見えていましたが、やはり」雪が少なく感じます。

車の車窓から2→
画像

山肌の白い帯状の場所は、富士見パラマントスキー場です。
その左側の三角山が入笠山なんですが、あら~~白く無い・・・・・・・・!!

富士見パラマントスキー場についた→
画像

ここまでの道路に行きは無かった、こちらの駐車場も雪が無い。

ゲレンデ→
画像

降雪機械がフル稼働の結果か、ゲレンデはなんとか雪があったねえ。

ゴンドラで→
画像



山頂駅についた→
画像

ゲレンデは雪があったからスキースノボは出来るようです。車窓から見えたゲレンデですね。
向こうの八ヶ岳は山頂が雲に覆われていますなあ。

入笠湿原→
画像

湿原を上から見下ろしています。こちらの木道の両側は夏にはスズランが咲くんですけどねえ。
今は白い世界。

入笠湿原2→
画像

湿原から降りてきた木道を見上げています。

この後、マナスル山荘に入り、休憩して入笠山に向かいます。
因みに、マナスル山荘まで、スノーシュやアイゼンは着けないでやや残っていた雪道を歩いてきました。
ここから入笠山に向かうのですが、やはりアイゼン無しでの登山?になりました。

こんな感じ→
画像

廬山道に少し雪が残っていた程度。

入笠山にて1→
画像

ツアーの面々(全員では無い)

入笠山にて2→
画像

ここでもあまり雪が無い・・・・・・、本来なら、山荘からここまでスノーシュで上がってくらんだよなあ!!

パンフでは→
画像

このような感じになるはずが・・・・・・・現実は地面の土が見えるくらいの雪のなさで普通に登山靴で
登れるんですから、何だかなあ~~~でした。

入笠山にて3→
画像

ゆきがあればなあ~~~残念。

入笠山にて4→
画像

富士山はなんとか見えていた。

入笠山にて5→
画像

富士山と甲斐駒ケ岳

入笠山にて6→
画像

後方は中央アルプス、眺望悪し。

記念写真を撮って、とっとと下山して、山荘に戻りました。

山荘前の斜面にて1→
画像

こちらも夏場はスズランの群生地ですね。
まあこちらでスノーシュトレッキングのミニ体験です。

山荘前の斜面にて2→
画像

これにて、26日終了です。

27日は→
画像

山荘から林道を下って。

峠→
画像


見張り岩→
画像


一応こんなのも1→
画像


一応こんなのも2→
画像

見ながらね。

講座岩1→
画像

岩の上の方に石碑が見えます。

講座岩2→
画像

石碑があります。

講座岩3→
画像

このような断崖に石碑です、凄いです。

景色も→
画像

これで山荘に戻り、山荘で「なべやきうどん」で昼食です。

食べたらとっとと帰宅です。
山荘前で→
画像

まあ全員かな。

入笠湿原に戻り→
画像


ゴンドラ山頂駅に戻り→
画像

やっと、八ヶ岳の全容がみえました。

見えた1→
画像


八ヶ岳1→
画像



八ヶ岳2→
画像

終了・・・ゴンドラで下に下りて帰宅。

車窓からの富士山1→
画像

正面にこのような富士山を見ながら帰宅。

その2→
画像



今回の往復の中央道は空いていました。
富士見パラマントスキー場3時45分発で新宿5時45分って感じでした。

因みに、
「のんびり入笠山スノーシュ三昧とホワイトクリスマス&満天の星空」は
           ↓             ↓          ↓
       スノーシュミニ体験    まあどお?     夕方から暑い雲で見られない

って~~結果でしたなあ。
ま今回は、今年の「忘年山行」のつもりのツアー参加ですから良しですかねえ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック