迎賓館赤坂離宮の一般公開で本館と主庭を見学

前回の一昨日は「迎賓館赤坂離宮の一般公開」に行って見たものの、残念ながら前庭のみしか入れなかった。
きょうはそのリベンジとばかりに「迎賓館赤坂離宮の一般公開で本館と主庭を見学」して来ました。

正面入口を入ると→
画像

正面から入って階段を登って入口を見るとこのような景色が広がります。
凄いね。

到着さて時間は→
画像

・前庭は入場無料で自由に参観でき、公式行事が行われる4つの公用室のある本館と主庭は1日3000人限定

さて時間は9時15分→
画像

入場整理券をゲットです。NO.0314 です。(10時からの入場)
9時~配布で、15分で前に300人ですか。

並んだ→
画像

西門前からここまで約300名なんですね。

9:30に開門して中にはいりましたが、入館は10時からなので、中で並んで待った。
中では、手荷物チェック(X線にての監視チェックでした)&ゲートによる金属探知を通って入場です。
そして、検査が終了すると、¥1000円也を自販機?に入れて、入場券を購入します。

これでやっと、
さあ入館→
画像

こちらから、入館です。時間は、10時11分 でした。 

この先撮影禁止→
画像

建物内部は壁に触れたり、手荷物が当たらないように!!!&カーテンに触れて明けたりするの禁止。
建物内部は撮影禁止なので、カメラやケイタイはバックの中にしまう事。
(例えば、バックからケイタイを取り出しただけでOUT!!!)
結構、厳しいお達しを説明されてイヨイヨ各部屋の見学です。

最初は彩鸞の間 →
画像

・「彩鸞の間」という名は、左右の大きな鏡の上とねずみ色の大理石で造られた暖炉の両脇に「鸞」(らん)と
 呼ばれる霊鳥をデザインした金色の浮彫りがあることに由来。
 白い天井と壁は金箔が施された石膏の浮彫りで装飾され、10枚の鏡が部屋を広く見せています。
  晩餐会の招待客が国・ 公賓に謁見したり、条約・協定の調印式や国・公賓とのテレビインタビュー等に
 使用されている。

彩鸞の間(暖炉) →
画像

金ピカですね~~。

花鳥の間→
画像

・「花鳥の間」という名は、天井に描かれた36枚の油絵や、欄間に張られた錦綴織、
 壁面に飾られた30枚の楕円形の七宝などに花や鳥が描かれていることに由来。
 周囲の腰壁は茶褐色のシオジ材で板張りしてあり、その壁の中段を飾るのが七宝作品。
 この部屋は、主に国・公賓主催の公式晩餐会が催される大食堂で、最大130名の席が設けられる。

七宝01→
画像


七宝02→
画像


朝日の間→
画像

・「朝日の間」という名は、天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」の絵に由来。
 周囲の16本の円柱はノルウェー産の大理石。
 壁には、京都西陣の金華山織の美術織物が張られ、床には、
 紫色を基調とした47種類の糸を使い分けて桜花を織り出した緞通が敷かれている。
  この部屋は国・公賓用のサロンとして使われ、ここで表敬訪問や首脳会談等の行事が行われます。

天井には→
画像

「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」が素晴らしいです。

羽衣の間→
画像

・「羽衣の間」という名は、謡曲の「羽衣」の景趣を描いた300平米の曲面画法による大絵画が、
 天井に描かれていることに由来。
 3基のシャンデリアは迎賓館で最も豪華なもので、およそ7,000個もの部品で組み立てられており、
 高さは約3メートル、重さは約800キログラムで、壁は楽器、楽譜等をあしらった石膏の浮彫りで飾られている
 また、正面の中2階はオーケストラ・ボックスとなっており、
 かつて、この部屋が舞踏会場として設計されたことが偲ばれます。
 この部屋は、雨天の際に歓迎行事を行ったり、レセプションや会議場等として使用されており、
 また、晩餐会の招待客に食前酒や食後酒を供するところになっている。

天井は→
画像


そして、4つの間を出ると、正面入口から上がる中央階段の床には、イタリア産の大理石が張られ、
その上に赤じゅうたんが敷きつめられている。
階段の左右の壁には、フランス産の大理石が鏡張りされていてまた、欄干はフランス産の大理石であり、
その上に8基の黄金色の大燭台が置かれている。

大ホール入口の上には→
画像


そして大ホール→
画像

・天皇陛下がこちらの間で、来賓の方と謁見する部屋になっているようです。
イスの豪華なこと・・・・・。金・金・キラキラの豪華な椅子でした。


こちらを見学の後は、こちらを出て職員用の階段を下って、最初の入口へ戻ります。
さあ退館して、次に、主庭を見学します。

主庭にて01→
画像

主庭から見た建物です。

主庭にて02→
画像

豪華な噴水が見えます。

主庭にて03→
画像

主庭から見た、迎賓館の建物の全容です。

主庭にて04→
画像

こちらが噴水です。

主庭にて05→
画像


主庭にて06→
画像


主庭にて07→
画像


主庭にて08→
画像


主庭にて09→
画像


主庭にて10→
画像


主庭にて11→
画像


さてとでは、こちらを出て「前庭」にまいります(一昨日入ったとこ)

前庭にて01→
画像

時間は、 11時20分でした。先ほどまでは快晴の青空でしたが、雲が出てきています。

前庭にて02→
画像


前庭にて03→
画像

こちらから、おいとまです。時間は、11時40分でした。
この時間でもまだ「15時~」の入場整理券を配布していましたぞ~~~!!本日終了です。

さて、きょうの散歩は
・四ッ谷駅ー迎賓館ー四ッ谷駅ー半蔵門ー千鳥ヶ淵ー旧近衛師団司令部庁舎ー江戸城(時計回り)-
 将門塚ー大手町ー東京駅
でした。

四ツ谷交差点→
画像

こちらから、半蔵門方面に向かって歩き開始です。

昼食タイム→
画像

きょうのお昼ご飯は、こちらのお店でいただきました。

ランチメニュー→
画像

だって時間が、 12時10分なんだも、昼食たべないとね。

で~~~きょうは→
画像

「たいかず定食」¥1000円也を、いただきました。
うなぎ炊き込みご飯、サバ開きの焼き魚、刺身、茶碗蒸し。中々美味しかったです。

食べたら出発→
画像

12:37に出発で半蔵門に着いた。 時間は、12:50 です。

半蔵門を見た→
画像

では、ここから千鳥ヶ淵方面に、公園の中を抜けて行きます。

公園にて01→
画像

こちら側から半蔵門をみてみた。

公園にて02→
画像

まだ八重桜と菜の花がかろうじて、咲き残っていました。

公園にて03→
画像


公園にて04→
画像


公園にて05→
画像


千鳥ヶ淵交差点→
画像


こちらから千鳥ヶ淵を見ています→
画像


千鳥ヶ淵を見ています→
画像

向こう側には葉桜しか見えません。

こちらは→
画像

・旧近衛師団司令部庁舎です。

東御苑→
画像

月曜・金曜は御休み。

当然こちらも→
画像


こちらにご参拝→
画像


ご参拝→
画像


終了→
画像

東京駅到着は、14時ジャストでした。
きょうは、明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる。)として建設された、当時日本の一流建築家や
美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築が見れた!!
最高でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック