新型コロナウイルス(COCID-19)

今や、地球規模で、感染が拡大している「新型コロナウイルス(COCID-19)」。
気が付かないうちに感染するのが怖い?
いつ・どこで・感染する可能性があるか判らずに、感染して発症するからかなですなあ。

自分が、感染しているかもわからずに、自覚症状無しに、街に出て、感染を拡大させているかもしれない事も怖い。

そして、自分は大丈夫という、何の根拠もない、安心感を持つ、日本人特有の特性。

自覚症状なしに、通勤電車で通勤している感染者もいたし。
発熱しているのに、名古屋まで新幹線で出張したりする、感染者もいる。

屋形船という、船内での密室感染。
(クルーズ船は、そこに乗船していまった、不幸な出来事でもありますね)
タクシーという公共機関?での、密室感染。

バスという、公共機関?での、密室感染。

感染しても、重篤な症状になるまで、自宅待機???

それにしてもこの「新型コロナウイルス(COCID-19)」の怖さは、
ワクチンが無い事。

「新型コロナウイルス(COCID-19)」の特性
・免疫細胞に感染して、それによって白血球が減少。
・白血球の減少によって、免疫不全が起きる
・重症化して、肺炎から多臓器不全に陥る。 ⇒ 突然死

自分で出来る、僅かな抵抗
・マスク必着での外出(家から出ないのが安全なんですがね)
・徹底的な手洗い
・うがい
・自身の体の、免疫細胞の強化?(いろいろな、本読んで対応を考えないとね)

それにしても、何でこんな今まで、自然界には無かったかもしれない「ウイルス」出現したんでしょうね????
この先、どこまでこの「新型コロナウイルス(COCID-19)」がこの地球で猛威をふるううのか?????????

一説では、このウイルスは、従来のコロナウイルス+HIV の、人造ウイルスなのかとも・・・・・・。
なので、重症化した患者に、エイズ(HIV)の薬が効いて?完治したとの報告があるのが、妙に納得できますなあ。

はたして、人類が滅びる前に、ワクチンが開発されるのか!!!!
どちらが、早い???

イヤ、なんとしても早期に、ワクチンが完成される事を祈らずにいられません。

もしも、このウイルスが、人造ウイルスだったとしたら、誰だ!!!!誰が作ったんだあ~~~。

などと、嘆く前に、自分自身の免疫細胞の活性化させないと、いかんですね。
風邪でも、インフルエンザでも、多分この新型コロナウイルス(COCID-19)でも、

最後は、自分自身の体力の問題ですから、身体の日頃の備えが大事になりそうですね。
ま、備えるっての変ですが、せめて免疫細胞の活性化を考えないとね。

終息されるまで、人混みの中に、入らないのが、一番の対応なんでしょうね。
ご用心・ご用心ですぞ。

文献
s-20200216新型コロナウイルス61.jpg

誰かが作った?のだったら、その方は手を挙げて、対策ワクチンを開発して欲しいですね。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年02月16日 22:55
マスクに予防効果があるかは、
今もってよく分らないみたいですから、
後は徹底した手洗い・うがいと、
こまめな体調チェックくらいでしょうか。
1月5日の記事にもコメントしてますので、
よかったらそちらも見て下さい。
2020年02月17日 20:58
yasuhiko さん
お越しありがとうございます。
大変な事になりましたね。
ささやかな抵抗位では、感染から免れそうにないですね。
一番は、外出しない・・・なんでしょうね。
HIV由来のたんぱく質が含まれている、この「新型コロナウイルス(COCID-19)」は、ただの所謂、風邪ウイルスと違っていて、
免疫細胞に感染するのって、やはりHIVの一種??なんでしょうかね。
でも、そんな事を表立って発表したら、どんなパニックになるでしょうかね。やはり、危うきに近づかず、ですね。