温故知新(旅・花)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷中から上野恩賜公園へ徳川将軍ゆかり散策

<<   作成日時 : 2017/06/24 01:37   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

6月23日(金)暑かったなあ〜〜。
きょうは日暮里駅〜(芋坂経由)〜谷中墓地〜寛永寺〜上野恩賜公園
でしたが、いや〜〜暑かったね〜。
ゴールは上野恩賜公園・噴水広場前の”台湾フェスティバルTOKYO 2017”会場で
昼食で終了。

先日は、徳川幕府の終焉の立役者・西郷隆盛公の江戸での足跡を訪ねて、高輪〜上野寛永寺でした。
では、きょうはその対抗の江戸幕府第15代征夷大将軍・徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ)公のお墓に
墓参してきました。

徳川慶喜公墓地⇒
画像

向かって左側が、徳川慶喜公のお墓で、右側は奥方様(徳川美賀子氏)のお墓です。

説明板⇒
画像


ではきょうは日暮里駅からまず「芋坂」を目指し、そこから谷中墓地に向かいました。
途中に⇒
画像

左側に、善性寺。

善性寺案内板⇒
画像

長享元年(1487) 開創と伝えられており、江戸時代寛文四年(1664)六代将軍徳川家宣の生母長昌院がこの寺に葬られて以来徳川家ゆかりの寺となり、宝永年間(1704〜)家宣の弟の松平清武がここに隠棲し、家宣のお成りがしばしばあったことから、門前の音無川にかけられた橋に将軍橋の名が付けられたと言います。
と、説明があります。
徳川家宣の生母長昌院の墓所は不明でした。

門を潜ると正面左側⇒
画像



松平家諸霊之墓(越智松平家歴代の墓)⇒
画像

ここに高須松平四兄弟の一人、石見浜田藩の第三代藩主十代美濃高須義建の三男松平武成「尾張藩主・徳川慶勝の弟で、松平容保(会津藩主)と 松平定敬(桑名藩主)の兄」が合葬されています。
なのですね〜。

旧濱田藩殉難諸士碑⇒
画像

浜田藩最後の藩主松平(越智)武聡は徳川慶喜の実弟で、慶応二年(1866)の第二次長州征伐、明治元年(1868)の鳥羽伏見の戦い、さらに上野の彰義隊に、それぞれ幕府側として参加し、いずれも手痛い敗戦を重ねた。

近くに⇒
画像

第55代 内閣総理大臣 石橋 湛山(いしばし たんざん)氏の墓所がありました。

戻って門近くに⇒
画像

こちらは「大横綱 双葉山」のお墓なのだそうです。
双葉山・・・双葉山 定次(ふたばやま さだじ、1912年2月9日 - 1968年12月16日)は、
       大分県宇佐郡天津村布津部出身の元大相撲力士。第35代横綱。
       本名は龝吉 定次(あきよし さだじ)。

では、門前の小路を行けば
線路⇒
画像

日暮里駅を右側にみて。

芋坂跨線橋にて⇒
画像

芋坂跨線橋から上野方面をみています。

線路の先は⇒
画像

芋坂から続く、谷中墓地。

説明板⇒
画像

 坂を登れば谷中墓地、下ると羽二重団子の店の横から善性寺前へ通じていた。鉄道線路でカットされ、
これに架かる橋が「芋坂跨線橋」と名付けられて、わずかに」その名を残している。
 坂名は伝承によると、この付近で自然薯(山芋)が取れたのに因むという。
正岡子規や夏目漱石、田山花袋の作品にみ」この芋坂の名が書かれている。
・芋坂も団子も月のゆかりかな 子規
と、書かれています。

谷中墓地にて01⇒
画像

いきなり、徳川家の墓地ですね。

谷中墓地にて02⇒
画像

見よ!!葵の紋所が目に入ります。

谷中墓地にて03⇒
画像

別の角度からの画像です。
将軍様の墓地ではないんです。

では、もう一箇所の徳川家墓地へまいりましょ。
そちらには、江戸幕府第15代征夷大将軍・徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ)公のお墓があるのです。

案内板があった⇒
画像


近くだ⇒
画像


こちらに⇒
画像

まわりも徳川家ゆかりの方々の墓地のようです。

徳川慶喜公墓所⇒
画像

・生没年 1837(天保8)年〜1913(大正2)年 77歳
・将軍在位 1866(慶応2)年〜1867(慶応3)年
・父:徳川斉昭 母:有栖川宮吉子

徳川美賀子氏墓所⇒
画像

旧姓:一条 美賀子
天保6年7月19日(1835年9月11日)- 明治27年(1894年)7月9日)
最後の征夷大将軍・徳川慶喜の正室。
実父は今出川公久、養父は一条忠香、昭憲皇太后は義妹。

さて、管理事務所方面の道路に戻ります。
地図は⇒
画像

このようになっています。

トイレ近くに⇒
画像

高橋お伝の碑がありますね。

説明板⇒
画像

・高橋 お伝(たかはし おでん、本名:でん、嘉永3年(1850年) - 明治12年(1879年)1月31日)は、
 日本で最後に斬首刑に処せられた女囚とされる女性。

江戸地図⇒
画像



では、上野恩賜公園を目指しましょう。

途中に⇒
画像

上野寛永寺に立ち寄ってみました。

寛永寺にて01⇒
画像


寛永寺にて02⇒
画像


寛永寺にて03⇒
画像

ま、内部は撮影ご遠慮なのでした。

上野恩賜公園にて01⇒
画像

あら〜こんな作品があったんですね〜〜。
後方は、炊き出しに集まっていた方々。

上野恩賜公園にて02⇒
画像

あら〜〜、又々・・・・”台湾フェスティバルTOKYO 2017”会場に行ってみる事に。

台湾フェスティバルにて01⇒
画像

いや〜〜炎天下、しかも真夏日で気温は30度超えやし???。

台湾フェスティバルにて02⇒
画像


台湾フェスティバルにて03⇒
画像


台湾フェスティバルにて04⇒
画像

お昼ごはんを食べに来たのですから、並んでみました。

お昼は⇒
画像

こちらの「とんロース飯」¥600円也。

飲み物は⇒
画像

「マンゴージュース」¥500円也。

いや〜〜炎天下で空いたテーブルで昼食しましたが、暑い・熱い・アツイ・・・・・で大変でした。
すっかり、日焼けしてしまいましたなあ。

2連続で、上野恩賜公園・噴水広場前の”台湾フェスティバルTOKYO 2017”会場へ出掛けてしまいました。
週末は混みそうですね〜〜。

そうそう、月が替わると夏が来る?
朝顔まつりは⇒
画像

7月6・7・8日が、朝顔まつりですね〜〜。

そして、、2017年は7月29日(土)には 隅田川花火大会ですね〜〜。

夏が来る〜〜〜〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

戦乱と平和
人はこれを繰り返しますね
ぼちぼち戦乱の時代を
政治家は欲してきだした
平和を守りたいね
無門
2017/06/24 11:37
無門さん
お越しありがとうございます。
戦後70年にして、何やらきな臭い感じになってきた様子でしょうか。
江戸の建築物も戦火で消えてしまい残念な気がします。無差別の空襲で
だいぶ消失したんだと思います、残念です。


2017/06/24 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
谷中から上野恩賜公園へ徳川将軍ゆかり散策 温故知新(旅・花)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる