映画「エベレスト3D」を観た

いや~~この映画(エベレスト3D)は体が震える程感動した。
映画そのものも「3D」でみたのでその迫力たるや物凄い臨場感が体験できて、
まさに、エベレストに連れて行ってもらっているような感じだった。
凄かった→
画像

これは、1996年にエベレストで繰り広げられた実話が基になっているのでした。
因みにこれは、
「1996年のエベレスト大量遭難は、1996年5月に起きたエベレスト登山史上最悪の遭難事故の一つで
8名の登山家が死亡した。」

登山者の憧れの場所→
画像

登山をする者にとっての「聖地」、自分の実力が無い者でも憧れる「エベレスト」。
せめて、その姿を自分の目で観る事じたいも、難しいのに、
今回この映画で疑似体験?をしたような感じです。

ヒラーリーポイント下?1→
画像

晴れていればこのような事は無かったかも?

怖いね→
画像


こんな場所からかな→
画像

この辺はまだトレッキングでゆけそうだ。

クレバス怖い→
画像

三浦雄一郎さんが、エベレストの登頂したときの映像でも、このクレバスを通過するシーンがあったな~~。

景色が良いが遭難では→
画像

いや~~、こわい・怖い。

景色が良い→
画像

晴れていればこそだね。

登頂!!!→
画像

これがエベレストの山頂なんですね~~。
この映像では、「日本人の難波康子さん」も登頂した場面なんです。
・日本人の難波康子さん
 日本人女性では田部井淳子さんに次いで2人目のエベレスト登頂者(47歳・1996年5月10日)で、
 日本人として田部井淳子さんに次いで2人目の七大陸最高峰登頂者
 (全世界では44人目、全世界女性では7人目)となったんですね~~~。
 しかも、これは当時エベレスト女性登頂者の最年長記録だったんですって。
・しかしエベレスト登頂後の下山中に猛吹雪に遭い、翌5月11日最終キャンプ地からわずか300m離れた地点で
 死亡していることが確認された。
 (映像では、上の方にいた、誰かな?が足を滑らせて滑落の巻き添えになってケガしたから動けなくなって
  遭難したように見えた!!!)

この映画で知ったのは、エベレスト登頂のツアー会社がニュージーランドにあるんだって。
エベレスト登頂サポートビジネスなんだね~、驚きました。

ま、私はとてもとても、参加などおこがましくて参加なんか出来ませんけど、エベレストが見える所まで行く
トレッキングのツアーには参加したいかな、まあムリムリかな。
だって、富士山の標高で高山病になりそうだったからね。

しかし、きょうはとても素晴らしい興奮した映画を観たな~~~、良かったです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック