アカヤシオ・シロヤシオ咲く”塔ノ岳”に登山した

5月30日(火)に、前回見る事が出来なかった、
アカヤシオやシロヤシオを見に”塔ノ岳”に登山してきました。
この日は地上でも真夏日だったとかで、さすがの丹沢でも熱い日差しに照らされて、まあ暑い・・・・参ったねえ。

シロヤシオが見れた⇒
画像


大倉⇒
画像

渋沢駅から大倉行きバス(7時40分発)に乗車して、8時に大倉到着。
平日なのに中々の登山客でした。

登山口⇒
画像

標識NO.00登山口。 時間は 8時16分、さあ長~~い尾根登山の開始です。

いきなりや~⇒
画像

時間は 09:00 登山口から45分で最初の急坂登りにはいりましなあ。
でもこの辺からは、「モミジ」の木のトンエルです。
って~~事は、紅葉の時期にはどれだけ綺麗な紅葉をみれるんだ!期待大ですなあ。

まだまだ⇒
画像

まあまだ急登りは続くが「モミジ」も続いていますから、紅葉期待ですなあ。

駒止小屋通過⇒
画像

時間は 9:40 やあ。
どんどん後から来る登山者に追い抜かれているなあ。皆さん元気やなあ。

堀山の家⇒
画像

時間は 10:08.

富士山だあ⇒
画像

堀山の家からのこの日初めての”富士山”。まあまあやなあ。

ヤマツツジやあ⇒
画像

堀山の家から少し上がった所に咲いていた。

やれやれ⇒
画像

急やなあ。

ヤマツツジが⇒
画像

右手の斜面にがんばって咲いていた。

NO.37標識地点から⇒
画像


少しズーム⇒
画像


さあてここから⇒
画像

花立山荘への、急登地点やなあ。

花立山荘やあ⇒
画像

時間は 11:00ですなあ。

花立山荘からの富士山⇒
画像

まあまあや。

花立山荘から振り返り⇒
画像

下界がよく見えています。

前は⇒
画像

塔の岳が見えてきたぞ、あと30分位だな。

左手には⇒
画像


進め~前進のみ~~⇒
画像

やったあ~~”アカヤシオ”だあ・・・・・・!!!

アカヤシオが待っていたぞ⇒
画像


アカヤシオやあ1⇒
画像

おくには富士山の頭が見えているぞ。

アカヤシオやあ2⇒
画像

思わず足が止まって、後方からの登山客が抜いてゆくなあ。

アカヤシオやあ3⇒
画像

いいなあ~~アカヤシオ・・・・見る事が出来て嬉しい。

アカヤシオやあ4⇒
画像

どれだけ、足止めて花に見とれていたんだかなあ~~~。
えーやん、今回の主目的はアカヤシオとシロヤシオに出会うことなんだからね~~。

さあ頂上を目指して⇒
画像


”金冷シ”だあ⇒
画像

この時期に来るとアカヤシオのトンネルやなあ。

先にも⇒
画像

お迎えやあ。

まだまだ⇒
画像

左側の景色。

ついたなあ⇒
画像


塔の岳に登頂⇒
画像

塔の岳に登頂時間は 11:56 でした。標準時間の倍やなあ。

塔の岳にて1⇒
画像


塔の岳にての富士山⇒
画像

今回も富士山を見る事ができて・・・・幸せやあ。

園芸種?⇒
画像


塔の岳にて⇒
画像


さて今回本命のために丹沢山方面に向かいましょ。

アカヤシオやなあ⇒
画像


ついに会えた⇒
画像


シロヤシオ⇒
画像

今回登山の主目的の”シロヤシオ”に会いたい・・・・・・・・ご対面!!!!
やったあ~~超嬉しい、見る事ができたあ~~~。

ええ~なあ⇒
画像

やったあ~~目的達成やあ~~~、嬉しいなあ。

景色も良いねえ⇒
画像

今年はシロヤシオのハズレ年だったのですなあ、この先に行ってもこんな感じで花が少ないんだって。
しかたがない、今年はこれで撤収ですなあ。

塔の岳山頂⇒
画像

富士山も隠れて、さあ下山。時間は 13:06 です。

下山やあ⇒
画像

足を止めとめ、下山やあ。

途中も⇒
画像


まだまだ足止めて⇒
画像


かなり下って⇒
画像

足元には”キンラン”が咲いていたなあ。

フタリシズカ⇒
画像

フタリシズカかな?

終了⇒
画像

大倉発 渋沢行きバス 16:22発に乗車して終了、帰宅です。
大体大倉には、16時到着だったなあ。
約8時間の山行でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ゆらり人
2017年06月01日 10:53
おほようございます。
すごいですね、山登りが出来ないと見れない風景と言うがあり登った人にだけ与えられる特権ですね。以前のように山登りが出来なくなりましたが、こうして見せて頂くと同じ気分になれてとても清々しいです。
どうぞこれからもお怪我のないように気を付けられお楽しみください。
また色々な山から見れる風景を楽しみにしています。
それにしてもやっぱり富士山は王者ですね。どの角度、高さから見ても絵になりますね。
楽しかったです。
前回の記事のちゃこ鍋はやっぱりお相撲さんが作ったものは美味しいのでしょうね。
羨ましい限りです。

2017年06月02日 23:45
ゆらり人さん
お越しありがとうございます。
花がメインの登山ですから、登った山で花々に出会えるのが楽しいんです。
歳のせいか足が遅く又途中の花々や風景に観とれて登りますから
時間がかかってしまいます。
相撲部屋のチャンコは美味しいですよ!

この記事へのトラックバック